小室 直樹の書籍を徹底紹介します。

歴史に観る日本の行く末―予言されていた現実! |小室 直樹

歴史に観る日本の行く末―予言されていた現実!歴史に観る日本の行く末―予言されていた現実!
小室 直樹
青春出版社 刊
発売日 1999-02
価格:¥1,680(税込)




小室直樹の教育論 2005-11-16
本書は、タイトルからは想像しにくいが、小室直樹氏の教育論である。あるいは、吉田松陰論といってもよいかもしれない。
「日本を破滅から救う方法は、吉田松陰にかえれ。これにつきる。」として、吉田松陰の教育を二つの観点から論じていく。一つは「松陰が受けた教育」であり、もう一つが「松陰がおこなった教育」である。前者のポイントが父親の権威による規範教育であり、後者のポイントが人の個性を発見しそれを伸ばす教育である。
吉田松陰といえば、現在教育界で注目されている原田隆史氏も高く評価している人物である。小室氏と原田氏は、「人間は教育することによっていかようにも変わるし変えられる」という人間観=教育観を共有しているように思われる。こういった人間観=教育観は、松陰の実践によって強力に支えられているのだろう。
松陰は激動の幕末にあって、明治維新を成功に導いた数多くの若者を育てた教育者であった。激動の現代日本を生きるわれわれにとっては、特に教師や教師志望者にとっては、松陰から学ぶことが多いはずである。本書は、松陰理解のための必須のテキストといえるだろう。
なお、小室氏には他に、『人をつくる教育 国をつくる教育』、『人にはなぜ教育が必要なのか』という二つの教育関連の著作がある。重複するテーマも多いが、この二つは対談本ということもあって、いささか内容が薄い。本書は書き下ろしということもあって、一番内容が濃く、分かりやすくまとまっているのでお薦めである。


■続きを見る


この記事は2006/9/24に作成しました。

【小室 直樹の経歴】
1932年生まれ。 

1955年、京都大学卒業。大阪大学大学院経済学研究科進学し、理論経済学を研究する。

1959年、阪大大学院博士課程を中退し、フルブライト留学生としてアメリカのミシガン大学大学院に留学。
同大で1年間学んだ後マサチューセッツ工科大学とハーバード大学の奨学金を得て理論経済学を学ぶ。

心理学を学ぶことが、社会学や政治学の理論化に有益であると考え、
1年後に再びミシガン大で社会学、政治学、心理学、文化人類学を学ぶ。

1962年帰国し、1963年、東京大学大学院法学政治学研究科進学。
社会学、社会人類学、法社会学、計量政治学を学ぶ。金がなくて、近くの小学校で夜勤の用務員のアルバイトもした。

1972年、東大から「選挙区の特性分析」で法学博士号取得。

ボランティアで自主ゼミナール(小室ゼミ)を開講。
小室ゼミ出身の研究者として、橋爪大三郎・宮台真司などが、また評論家として副島隆彦がいる。

『ソビエト帝国の崩壊』『ソビエト帝国の最期』など、ソ連の崩壊と、その過程を10年以上も前から予言していた。

現在は、現代政治研究所所長。




あの神田昌典さんの超人気CDがもらえる、フォレスト出版リーダーズクラブはこちら