小室 直樹の書籍を徹底紹介します。

日本人のためのイスラム原論 |小室 直樹

日本人のためのイスラム原論日本人のためのイスラム原論
小室 直樹
集英社インターナショナル 刊
発売日 2002-03
価格:¥1,680(税込)


???9.11同時多発テロ事件以来、イスラム関係の本が「汗牛充棟(かんぎゅうじゅうとう)ほども出版された」が、はたしてイスラム教の本質は明らかにされただろうか。ブッシュのアメリカをはじめ欧米社会はイスラムをまったく理解していない。まして宗教音痴の日本人には「一神教の理解など絶望的だ」。この悲しむべき蒙(もう)を啓(ひら)くために、筆を取ったと著者はいう。ユダヤ教、キリスト教、仏教、儒教、神道、そして中国の“歴史教”(著者の言葉)との比較において、イスラム教の本質と優越性を際立たせようとする本である。
???まず著者は「今回のアメリカとイスラムとの戦いを『文明の衝突』などと呼ぶ向きもあるが、これはむしろ『宗教の衝突』である」と、暗にサミュエル・ハンチントンを批判する。しかし、残念ながら論理の透明度はハンチントンのほうが高いようだ。
???たとえば、タリバンの巨大石仏破壊とイスラム過激派の自爆テロに関する説明はやや乱暴ではないか。石仏破壊は「神の教え」に基づく行為だ。それを理解できなければ「イスラムとの交流」はありえない。イスラム教徒の自爆テロを非難する欧米の常識は「世界の常識」ではない。
???中国の大歴史家、司馬遷は史記の「刺客列伝」で暗殺者を「後世に名を残すべき存在」と称揚し「壮士ひとたび去って復た還らず」とうたっているではないか。中国の刺客もイスラムのテロリストも「不変の歴史」「一神教」に殉じた壮士なのだ。
???男子たるもの、かく生きるべし。しかるに、ヨーロッパの歴史家は彼らを「歴史の変化に棹さす時代錯誤」の「抵抗勢力」として拒否する…。講釈師風のマッチョな詠嘆調、あるいは横丁のご隠居が該博な知識で長屋の住人を煙に巻く落語調の論理展開は、読んでいて楽しい。著者の言葉遣いをまねるなら、博覧強記で、ところどころ牽強付会だが、「変化に棹さすは、変化に合わせるっていう意味じゃなかったですかい、ご隠居さん」などと、突っ込みを入れる楽しさはある。おもしろい本だ。(伊藤延司)

分りにくい 2006-06-25
問題を提起してからその結論に至るまで、脱線ばっかりして、非常に読みづらい。
しかも肝心の結論がサラッと書かれていて、疑問がのこる。
溜めて溜めて結論を出したのなら、もっと掘り下げて書くべき。
「結局答えは何?」と、非常に疑問が残る一冊。


■続きを見る


この記事は2006/9/24に作成しました。

【小室 直樹の経歴】
1932年生まれ。 

1955年、京都大学卒業。大阪大学大学院経済学研究科進学し、理論経済学を研究する。

1959年、阪大大学院博士課程を中退し、フルブライト留学生としてアメリカのミシガン大学大学院に留学。
同大で1年間学んだ後マサチューセッツ工科大学とハーバード大学の奨学金を得て理論経済学を学ぶ。

心理学を学ぶことが、社会学や政治学の理論化に有益であると考え、
1年後に再びミシガン大で社会学、政治学、心理学、文化人類学を学ぶ。

1962年帰国し、1963年、東京大学大学院法学政治学研究科進学。
社会学、社会人類学、法社会学、計量政治学を学ぶ。金がなくて、近くの小学校で夜勤の用務員のアルバイトもした。

1972年、東大から「選挙区の特性分析」で法学博士号取得。

ボランティアで自主ゼミナール(小室ゼミ)を開講。
小室ゼミ出身の研究者として、橋爪大三郎・宮台真司などが、また評論家として副島隆彦がいる。

『ソビエト帝国の崩壊』『ソビエト帝国の最期』など、ソ連の崩壊と、その過程を10年以上も前から予言していた。

現在は、現代政治研究所所長。




あの神田昌典さんの超人気CDがもらえる、フォレスト出版リーダーズクラブはこちら