小室 直樹の書籍を徹底紹介します。

    

日本の敗因―歴史は勝つために学ぶ |小室 直樹

日本の敗因―歴史は勝つために学ぶ
小室 直樹
講談社 (2001/05)
売り上げランキング: 102,045
おすすめ度の平均: 3.4
4 大東亜戦争の勝因
5 未だに引きずる日本の敗因
3 気合入れ直せ、ということ

【私の評価】★★★★☆


■著者紹介・・・小室 直樹

 1932年生まれ。大学卒業後、フルブライト留学生となり渡米。
 マサチューセッツ工科大学、ミシガン大学、ハーバード大学で、
 経済学、心理学、社会学、統計学を学ぶ。その後、東京大学
 大学院法学政治学研究科修了、法学博士。
 社会、政治、経済について評論家として活躍。著書多数。

●この本の結論は、
 第二次世界大戦は、物量で負けたのではなく、
 軍部の腐敗官僚によって負けたということです。

 ・日本はアメリカの物量に負けたのではない。・・・これは、
  敗戦責任を逃れるための軍部の口実にすぎない。・・・あの戦争は
  無謀な戦争だった。・・・腐敗官僚に支配されたまま、戦争という
  生死の冒険に突入したこと。それが無謀だったのである。(p26)

●そして、現在の経済戦争でも、企業の強さではなく、
 経済官僚(財務省、経済産業省)の腐敗によって負けるだろう
 ということを予想しています。

 ・戦前・戦中の日本は、軍事官僚が日本を支配していた。
  戦後の日本は経済官僚が日本を支配している。その官僚制が
  あまりにもよく似ているため、同様の「敗戦」に導かれる
  であろう。(p305)

●確かに、旧大蔵官僚は、護送船団方式で銀行を弱体化させ、
 「総量規制」により地価、株価の下落を加速させました。
 
 経済産業省も、多くの産業分野において規制を残し、
 支配力を維持しようとして、産業を弱体化させています。

 ・マックス・ウェーバーは、「最良の役人は最悪の政治家だ」といったが、
  まさにその通りである。(p314)

●こうした官僚支配を打破するために、
 著者は、政治家が主導権を持つこと、
 そして、それを可能にする人材を育成することを提唱しています。

●日本軍の官僚化と現在の官僚組織との類似点を明確にし、
 官僚の恐ろしさを明らかにした名著ということで、★4つとします。

■この本で私が共感したところは次のとおりです。


 ・乱脈経営で破綻した信用組合の理事長と癒着していた
  田谷廣明や中島義雄。彼らは民間人だったら懲戒免職だろう。
  それを辞任で許してしまった。おまけに、多額の退職金を
  せしめさせて。(p188)


 ・外務官僚の宣戦布告は、奇跡的怠慢さをもって行われた。
  ・・・井口貞夫参事官と奥村勝蔵書記官とは、飲みすぎて、
  グデングデン・・・宣戦布告の通告は遅れた。・・・
  下手人たる井口参事官と奥村書記官とは・・・
  外務事務次官にまでなった。(p120)


 ・開戦以前に、「パイロット二万人養成計画」というものを
  ぶちあげた人物がいるということだ。すばらしい計画である。
  ・・・実行されなかった理由は、・・・戦争が終わったあと、
  彼らをどうするのか、ということだった。(p200)

▼引用は、この本からです。
日本の敗因」小室 直樹、講談社(2001/5)¥924
【私の評価】★★★★☆
(詳細はコチラ: http://www.1bk.biz/haiin.html )←(クリック)

     

【小室 直樹の経歴】
1932年生まれ。 

1955年、京都大学卒業。大阪大学大学院経済学研究科進学し、理論経済学を研究する。

1959年、阪大大学院博士課程を中退し、フルブライト留学生としてアメリカのミシガン大学大学院に留学。
同大で1年間学んだ後マサチューセッツ工科大学とハーバード大学の奨学金を得て理論経済学を学ぶ。

心理学を学ぶことが、社会学や政治学の理論化に有益であると考え、
1年後に再びミシガン大で社会学、政治学、心理学、文化人類学を学ぶ。

1962年帰国し、1963年、東京大学大学院法学政治学研究科進学。
社会学、社会人類学、法社会学、計量政治学を学ぶ。金がなくて、近くの小学校で夜勤の用務員のアルバイトもした。

1972年、東大から「選挙区の特性分析」で法学博士号取得。

ボランティアで自主ゼミナール(小室ゼミ)を開講。
小室ゼミ出身の研究者として、橋爪大三郎・宮台真司などが、また評論家として副島隆彦がいる。

『ソビエト帝国の崩壊』『ソビエト帝国の最期』など、ソ連の崩壊と、その過程を10年以上も前から予言していた。

現在は、現代政治研究所所長。




あの神田昌典さんの超人気CDがもらえる、フォレスト出版リーダーズクラブはこちら